スポンサード リンク

医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点

医学部偏差値

東京女子医科大学医学部の偏差値と難易度

東京女子医科大学医学部の偏差値と難易度

東京女子医科大学は、医学部と看護学部で構成された私立大学です。医学部には、医師を目指す学生が在籍する医学科のみ設置されており、看護学部と学部を分けることで、専門的な知識を早い段階から学べる環境作りがされていると考えられます。また、東京女子医科大学は、女子大学ということもあり、当然、学生は女性ばかりです。医学部も、女性ばかりの環境となります。多くの医学系大学において、医学科となると、どうしても男性の比率の方が多くなります。それは、医師を目指す学生が、圧倒的に男性に多いからです。その為、男性と同じ環境で学ぶ女性は、肩身の狭い思いをする人も、中にはいるかもしれません。しかし、東京女子医科大学は、女性しかいないので、クリーンな環境で、伸び伸びと学ぶことができます。医師を目指す女性には、強い味方です。
そんな特徴の東京女子医科大学医学部は、代々木ゼミナールのデータによると、偏差値は64となっています。私立大学ということで、センター試験を利用した選抜試験方法を採用していません。よって、偏差値が、そのまま難易度となります。
医学科において、偏差値60以上が一般的とされている中、その平均は、おおよそ65辺りと予想されます。よって、東京女子医科大学医学部の偏差値は、平均辺りか、若干低めのレベルにランクしていると考えられます。


yad05 at 23:08 

東京慈恵会医科大学医学部の偏差値と難易度

東京慈恵会医科大学医学部の偏差値と難易度

東京慈恵会医科大学は、医学部のみで構成されている私立大学です。そして、医学部には、医師を目指す学生が在籍する医学科と、看護師や助産師、保健師などを目指す学生が在籍する看護学科の2学科が設置されています。校内には、医師の卵と、看護師の卵が共に学ぶ環境があり、将来共に働くこととなるもの同士が、学生のうちからチームワークや命の大切さを学んでいける環境が、東京慈恵会医科大学にはあると考えられます。
東京慈恵会医科大学医学部の医学科では、代々木ゼミナールのデータによると、偏差値は68となっています。東京慈恵会医科大学では、私立大学ということもあり、センター試験を利用した選抜試験を採用していません。よって、偏差値が、そのまま難易度となります。医学科においては、偏差値60以上が一般的とされており、その平均は、おおよそ65辺りと予想されるので、東京慈恵会医科大学医学部の医学科は、平均より高めのレベルと言えそうです。
また、看護学科においては、偏差値は53となっています。看護学科においても、医学科同様、センター試験による選抜試験を採用していないので、難易度は、偏差値のレベルとなります。看護学系においては、偏差値53辺りが、おおよそ平均レベルと予想されるので、東京慈恵会医科大学医学部の看護学科においては、平均的なランクにあると言えそうです。

yad05 at 23:07 

東京医科大学医学部の偏差値と難易度

東京医科大学医学部の偏差値と難易度

東京医科大学は、医学部のみ設置された私立大学です。そして、医学部には、医師を目指す学生が在籍する医学科のみを設置しています。つまり、東京医科大学は、医学部医学科のみから構成されている大学なのです。その為、在籍している学生は、医師を目指す医学生しかいません。他の医科大学などにおいては、看護師などを目指す看護学部や看護学科、その他の医療に携わる学部や学科を併設したり、設置したりして、構成しています。そうすることで、他の学部生との交流を深めたり、相互に協力して講義を行ったりすることができ、将来働くこととなる医療現場を、学生のうちから体験することができるようになっていると考えられます。しかし、東京医科大学においては、医学生しかいません。よって、医師という分野においての専門的な知識を、より濃く学ぶことができると思われますし、研究室や実習室などを充実させることができる為、より、専門的な研究者や医師を育てることができる環境になっていると考えられます。
そうした特徴を持つ東京医科大学医学部は、代々木ゼミナールのデータによると、偏差値は65となっています。また、私立大学なので、センター試験による選抜試験を採用していません。よって、偏差値が、そのまま難易度となります。
医学科において、偏差値60以上が一般的とされており、その平均は、おおよそ65辺りと予想されます。よって、東京医科大学医学部の偏差値は、平均的な難易度にランクされていると言えそうです。


yad05 at 23:07 

昭和大学医学部の偏差値と難易度

昭和大学医学部の偏差値と難易度

昭和大学は、医学部のほかに、歯学部、薬学部、看護学科や作業療法学科、理学療法学科が設置されている保健医療学部があり、この4学部で構成された私立大学となっています。こうした、医療関係の学部だけで構成された大学には、医科大学という名称が付けられているところが多く見られますが、昭和大学においては、医科大学となっていない為、一見すると総合大学のようなイメージがあります。しかし、医療に携わることを夢見て学ぶ学生ばかりが在籍し、医療現場のような雰囲気もあり、白衣を着た職業に就く為に学ぶプロフェッショナルな雰囲気も持っている、魅力的な大学となっています。
そんな昭和大学の医学部では、代々木ゼミナールのデータによると、偏差値は66となっています。そして、私立大学ながらも、センター試験を利用した選抜試験を導入しており、代々木ゼミナールのデータより、センター試験の得点率とされている難易度が示されています。昭和大学医学部の難易度は、88%となっています。
医学科においては、偏差値60以上というのが一般的とされており、その平均は、おおよそ65辺りと予想されます。よって、昭和大学医学部は、平均辺りのレベルにランクされていると言えそうです。また、センター試験の難易度においては、多くの大学で89%辺りの難易度を目安にしているので、昭和大学医学部のセンター試験による受験難易度も、平均的なランクにいると言えるでしょう。

yad05 at 23:06 

杏林大学医学部の偏差値と難易度

杏林大学医学部の偏差値と難易度

杏林大学は、多くの学部が設置された総合大学となっています。その中の医学部には、医師を目指す学生が在籍する医学科のみ設置されています。
杏林大学医学部は、代々木ゼミナールのデータによると、偏差値は65となっています。杏林大学は私立大学です。一般的には、センター試験を一次試験とし、個別学力テストを二次試験とする選抜方法は、私立大学においては行っていません。よって、国公立大学において示されている難易度は、私立大学においては示されていません。しかし、杏林大学医学部は、センター試験を利用した選抜試験を設けています。その為、代々木ゼミナールでは、センター試験の得点率を利用した難易度を示しています。その杏林大学医学部の難易度は、90%となっています。
医学科においては、偏差値は60以上が一般的であると言われており、その平均は、おおよそ65辺りと予想されます。よって、杏林大学医学部は、平均辺りのレベルにランクされていると考えられます。しかし、センター試験を利用した選抜試験の難易度は、90%と高くなっています。国公立大学においては、多くの大学で89%の難易度を目安にしていますが、二次試験がある為に、挽回するということが可能になっています。しかし、杏林大学医学部の場合には、センター試験の得点率のみで合否が決定するので、センター試験を利用した選抜試験は、個別学力テストよりも若干難しいと考えられます。

yad05 at 23:05 

埼玉医科大学医学部の偏差値と難易度

埼玉医科大学医学部の偏差値と難易度

埼玉医科大学は、医学部のほかに、保健医療学部があり、この2学部によって構成されている私立大学です。医学部には、医師を目指す学生が在籍する医学科のみの設置となっており、保健医療学部には、看護学科や臨床検査技師を目指す健康医療科学科、臨床工学技士を目指す医用生体工学科、理学療法学科の4学科が設置されています。医科大学においては、こうした形態を取っている大学が多く存在しています。そして、こうした形態を取ることで、学生のうちから将来働くこととなる、医療現場の雰囲気や緊迫感などを感じながら、学んでいけると考えられます。
そんな埼玉医科大学医学部ですが、代々木ゼミナールのデータによると、偏差値は61となっています。埼玉医科大学は私立大学であり、センター試験を利用した選抜試験を採用していないので、センター試験の得点率から導き出される難易度は示されていません。よって、偏差値が、そのまま難易度となります。
医学科においては、偏差値60以上が一般的であると言われており、その平均は、おおよそ65辺りと予想されます。そのことから考えると、埼玉医科大学医学部の偏差値は、やさしいレベルとなっていると言えそうです。しかしながら、やさしいレベルが示されると、併願の受験生が増えることが予想されますから、偏差値以上のレベルを想定した対策をしておくと良いでしょう。

yad05 at 23:04 

自治医科大学医学部の偏差値と難易度

自治医科大学医学部の偏差値と難易度

自治医科大学は、医学部と看護学部の2学部から構成されている私立大学です。そして、医学部には、医師を目指す学生が在籍する医学科のみを設置しています。
医科大学には、こうした形態を用いたものが多く存在しています。また、医学部内に医学科と看護学科を設置している医科大学もあります。しかしながら、医学部と看護学部を分けることで、早い段階から専門分野の知識を密度の高い講義で学ぶことができると考えられます。よって、自治医科大学のような形態には、より医師としての芽生えも早くなると考えられます。また、私立大学には、こうした、校内そのものが医療現場のような環境になっている大学が多く存在しています。自治医科大学のような環境に身を置くことによって、将来働くことになる病院の現場の雰囲気や緊張感を、学生のうちから感じることができると共に、一緒に命を救うこととなる看護師とのチームワーク力も、学生のうちから身に付けられると考えられます。
そんな魅力のある自治医科大学医学部ですが、代々木ゼミナールのデータによると、偏差値は67となっています。医学科においては、偏差値60以上が一般的であると言われています。そして、その平均は、おおよそ65辺りと予想されます。よって、自治医科大学医学部は、若干レベルの高い大学と言えそうです。試験も一度きりなので、対策はしっかりしておくことが必要と考えられます。

yad05 at 23:03 

獨協医科大学医学部の偏差値と難易度

獨協医科大学医学部の偏差値と難易度

獨協医科大学は、医学部と看護学部の2学部によって構成されている私立大学です。そして、医学部には、医師を目指す学生が在籍する医学科のみが設置されています。
獨協医科大学医学部では、代々木ゼミナールのデータによると、偏差値は62となっています。医学科においては、偏差値60以上が一般的であると言われており、その平均は、おおよそ65辺りと予想されます。よって、獨協医科大学医学部の偏差値は、平均よりも若干やさしいレベルにランクしていると考えられます。
また、私立大学においては、一般的にはセンター試験を一次試験とした選抜方法を採用しません。しかし、私立大学においても、センター試験を利用して選抜試験とする方法を取っているところもあります。獨協医科大学もそのひとつとなっています。医学部においても、センター試験を利用して、受験することが可能です。センター試験を利用していることから、代々木ゼミナールでは、私立大学ではあるものの、難易度を示しています。獨協医科大学医学部では、難易度とされているセンター試験の得点率は、89%となっています。この難易度は、多くの国公立大学でも、目安としている数値です。ですから、高いという印象は、ないかもしれません。しかしながら、偏差値のランクから見ると、若干、レベルが高いようです。センター試験の得意な学生は、有利かもしれませんが、記述式に向いている学生は、個別学力テストで受験すると良いかもしれません。


yad05 at 23:02 

岩手医科大学医学部の偏差値と難易度

岩手医科大学医学部の偏差値と難易度

岩手医科大学は、医学部と歯学部、薬学部の3学部で構成されている私立大学です。そして、医学部には、医師を目指す学生が在籍する医学科のみが設置されています。
岩手医科大学の特徴は、白衣を着る職業を目指す学生が学ぶ環境が作られているということにあると考えられます。医科大学の多くには、医師を目指す学生のみが学ぶ環境や、医師や看護師を目指す学生が同じキャンパスで学ぶ環境、それに加えて、理学療法士や検査技士なども一緒に学び、医療現場のような環境が作られている大学など、同じ環境で働く者が、学生のうちから共に学んでいるという環境になっています。しかし、岩手医科大学の場合、医学部に在籍する医学生は医師を目指し、歯学部に在籍する歯学生は歯科医を目指し、薬学部に在籍する薬学生は薬の専門家として働くことを目指して学んでいます。環境の違うところへ将来歩んでいく学生が、同じ白衣を着る職業同士として学んでいるという、面白い環境を、岩手医科大学では作っているようです。
そんな特徴を持った岩手医科大学の医学部は、代々木ゼミナールのデータによると、偏差値は64となっています。私立大学であり、センター試験を利用した選抜方法を採用していないので、センター試験の得点率における難易度は示されていません。よって、偏差値が難易度となります。医学科においては、偏差値60以上が一般的で、その平均は、おおよそ65辺りと予想されるので、岩手医科大学医学部の難易度は、平均辺りと言えそうです。

yad05 at 23:01 

和歌山県立医科大学医学部の偏差値と難易度

和歌山県立医科大学医学部の偏差値と難易度

和歌山県立医科大学は、医学部と、保健看護学部の2学部によって構成されている公立大学です。医学部には、医師を目指す学生が在籍する医学科のみ設置され、保健看護学部には、看護師や助産師、保健師などを目指す学生が在籍する看護学科のみを設置しています。
和歌山県立医科大学のように、医学科と看護学科を学部ごとに分けて設置している大学は、医科大学などに存在しています。こうした形を取ることで、早い段階から専門分野の知識を、より密度の高い講義で学ぶことができると考えられます。
和歌山県立医科大学医学部では、代々木ゼミナールのデータによると、偏差値は67で、難易度とされているセンター試験の得点率は89%となっています。医学科においては、一般的に、殆どの大学で偏差値60以上と言われており、その平均は、おおよそ65辺りと予想されます。よって、和歌山県立医科大学医学部は、若干高めのレベルと言えそうです。また、難易度においては、多くの大学で89%の得点率を目安としています。偏差値のレベルで言えば、62から68までという、幅広い偏差値のランクにある大学が、センター試験の得点率を89%としています。このことから考えると、和歌山県立医科大学医学部の難易度は、決して高いという訳ではないようです。しかし、9割近い正解率を求められていることは、全体のレベルからすれば、かなりの難易度と言えます。ですから、対策はしっかり行う必要があるでしょう。

yad05 at 23:00